連載官能小説

連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第9回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第9回 ブラとショーツ姿になる。 その姿を見た正和は、ゴクリと生唾を飲みこんだ。 何しろ、かなりセクシーな下着を身につけているのである。 それも、オープンクロッチという大事な部分が開い...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第8回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第8回 あまりに興奮してしまったため、おっぱいが揉みたくなって仕方がない。 我慢の限界を超えたのである。 たわわに実ったバストを揉みしだいていくと、由紀子の陰部がキュッと締まった。 そ...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第7回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第7回 「バックって少し挿れにくいけど、慣れれば大丈夫だから」 とはいうものの、なかなか挿入するのが難しい。 ずりゅとっと、空を滑ってしまうのである……。 あまりに挿入が難しいため、正...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第6回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第6回 「あぁん、正和君、いい調子よ、とっても気持ちいい」 「僕もです。あぁ、蕩けそうだ」 正和にとっても初めてのセックスである。 それは、かなり心地よく、正和をトリコにしていくのであ...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第5回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第5回 指先を唾で湿らせると、膣内に挿入していったのである。 あそこの中は、トロリとしており、それでいて温かい。 由紀子は、指をぐいぐい動かし、クチュクチュという淫音を鳴り響かせた。 ...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第4回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第4回 かなり慣れているのか、動きはスムーズであり、的確に気持ちいいポイントを突いてくるのであった。 例えば、カリの裏側を爪先でカリカリと刺激したり、亀頭全体を唾で湿らせてヌルヌルにしてから愛撫し...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第3回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第3回 (あぁ、私、若い男の子のアレをしゃぶって興奮してるのね。あそこがこんなに濡れて……) 女の部分はすでに潤み始めていた。 指を動かすほどに、淫蜜が噴き出し、トロトロになっていくのである...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第2回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第2回 正和は、今年二十歳になる大学生である。 しかし、未だに童貞であり、彼女はいない……。 というよりも、女性と付き合った経験がないのである。 それ故に、先日の由紀子との体験は、驚き...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第1回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第1回 宅配ピザのドライバーをしている相田正和は、少し方向音痴なところがある。 だから、よく道に迷い、ピザの宅配が遅れてしまうのであった。 今日も、新しいお客様から依頼で、ピザを届けるために...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』最終回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』最終回 密着騎乗位は、向かい合わせになると、お互いの顔が見られる。 どんな顔をしているのかがわかるから、興奮もひとしおなのであった。 「美奈子の顔、蕩けそうにな...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました