連載官能小説

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第5回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第5回 欲望の赴くままに、浩二は手を伸ばした……。 そして、ショートパンツの上から秘部を探る。 すると――、 「んぁ」 と、艶のある声を麗禾があげたのである……。 それは熱情的...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第4回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第4回 「寝ましょうか」 二人はベッドに入った。 シングルサイズのベッドだから、かなり密着してしまう。 マットレスの軋む音が、キィキィと聞こえる。 (参ったな。これじゃ眠れないや) ...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第3回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第3回 ゴクリと、彼女の咽頭を駆け巡る音が聞こえていく。 その様子を、茫然としながら浩二は見つめていた。 嬉しい気持ちもあるのだが、恥ずかしさもある。 不思議な感覚であった。 しばら...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第2回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第2回 浩二は、麗禾のカラダを思い描きながら、せっせと手淫に励んだ。 途端、バスルームのトビラがガラッと開いた。 「伊藤君、背中流してあげようか?」 と、意気揚々と麗禾が入ってきたのである...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第1回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第1回 とある調理器具メーカーに勤めている、伊藤浩二は、間近に迫る新商品の発表会に向けて、着々と準備をしていた。 勤続十年。 大学を卒業してから、この世界に入ったから、今年で三十二歳になるの...
連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』最終回

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』最終回 彼女はその昔、付き合っていた彼氏がいたが、色気がないと詰られていたのである。 それで深く傷つき、自分に自信が持てなかった。 美香子や絢萌は、女性らしいカラダつきをしているのに...
連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第19回

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第19回 試しにスマホで連絡を取ってみるが、なかなか繋がらない。 誠二は焦りながら、洞穴に入っていき、大声を出した。 「由美さぁーん。いますかー?」 声が洞穴の中に反響していく...
連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第18回

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第18回 誠二にとっても、初めてのアナルセックスである。 だからこそ、気分は浮き立つ。 ペニスを尻穴に挿入すると、まず思ったのは、とても窮屈であるということだろう。 とにかく締...
連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第17回

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第17回 陰核は一番敏感な部分であるので、美香子は乱れ狂った。 とにかく嬌声をあげながら、快感を味わっていくのである。 「はぁん、ダメ、私、このままだとイッちゃう! もうやめてぇ!」...
連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第16回

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第16回 「誠二君、私のおま×こも弄ってぇ、我慢できないの」 と、急かすように絢萌が言った。 彼女はお尻をフリフリと振り、妖艶なダンスを踊り始める。 「わかりました。絢萌さんの...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました