連載官能小説

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回 ずぶずぶずぶ……。 めり込むようにペニスが吸い込まれていく。 褶曲するかのように、膣内の形状が変わり、ペニスを包み込んでいく。 「うぉ、やっぱり...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回 「おま×こ、すごく濡れてるね。感じてるんだね?」 「あぁん、そんな風に弄ったら、ますます感じてしまいますわぁ」 「もっと感じさせてあげるよ」 指...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回 「美奈子のおっぱい、すごく大きいね」 「そうでしょうか? Dカップくらいですけど」 「十分だよ。変に大きすぎるより、このくらいがちょうどいいと思うし」...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第9回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第9回 「健介さんは、ゆっくりとお寛ぎください……」 「で、でも」 「とにかく、今は仕事よりも温泉に慣れることら始めましょう」 夫婦の交わいを終え、健介も...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回 止めてほしいと懇願する美奈子を無視し、健介はひたすらにピストン運動を続けた。 すると、美奈子の淫裂がキュキュっと痙攣し、やがて陰部からピッピッと淫水が噴き出し...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回 「おま×こから俺の精子があふれ出している。なんて卑猥なんだろう」 「あぁん、せっかく注いでもらった精子が……、もったいないですわぁ」 「また注いであげる...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回 「健介さん、キスも、キスもしてください……」 「わかった。キスもしてあげるよ」 顔同士を近づけ、チュッと唇を奪う健介……。 「んちゅ、ちゅちゅん」...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回 キュッと女壺が縮み上がったような気がした。 「美奈子。イキそうなのかい?」 「はい、もうイキそうです。イッてもいいですか?」 「いいよ、激しくイク...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回 「ンッ。んんーあぁん。気持ちいい……、おま×こが感じちゃう」 「もっと感じていいんだよ。色んな顔を俺に見せてくれ」 「恥ずかしいけど、見てください。淫ら...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回 「ふぅ、うぉ、口の中、とっても温かい」 「んぐ、むぐぐ、大きいので口に含むのが大変ですわ」 しゅぼしゅぼと淫音を上げながら、フェラチオを続けていく。 ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました