連載官能小説

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回 「健介さん、キスも、キスもしてください……」 「わかった。キスもしてあげるよ」 顔同士を近づけ、チュッと唇を奪う健介……。 「んちゅ、ちゅちゅん」...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回 キュッと女壺が縮み上がったような気がした。 「美奈子。イキそうなのかい?」 「はい、もうイキそうです。イッてもいいですか?」 「いいよ、激しくイク...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回 「ンッ。んんーあぁん。気持ちいい……、おま×こが感じちゃう」 「もっと感じていいんだよ。色んな顔を俺に見せてくれ」 「恥ずかしいけど、見てください。淫ら...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回 「ふぅ、うぉ、口の中、とっても温かい」 「んぐ、むぐぐ、大きいので口に含むのが大変ですわ」 しゅぼしゅぼと淫音を上げながら、フェラチオを続けていく。 ...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第2回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第2回 彼女は女将であるため、和服を着用していた。 それをスルスルと脱いでいく。 「ちょっと、何を……」 「ですから、妻としての役目を……」 「いい...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第1回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第1回 「あの、別れてほしいの」 と、相田健介は、付き合っている女性に別れを切り出された。 「え? どうして?」 「他に好きな人ができたの。だから私は忘れ...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿』最終回

連載官能小説『温泉宿』最終回 「エッチなおしっこがどんどん出てくるね」 「あぁん、興奮しちゃう……、そんな風に弄られると、感じてしまいますわ」 「女の人ってクリトリスが感じるんでしょ? 触ってあげようか?」 「そこは敏感...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿』第2回

連載官能小説『温泉宿』第2回 「くぉ……、うぉ、金玉を小夜子が揉んでる。とってもエッチな光景だよ」 睾丸を揉まれると、淡い快感がやってくるのがわかった。 フェラチオの刺激と相乗効果で、ゾクゾクとしてしまうのであった。 「...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿』第1回

連載官能小説『温泉宿』第1回 都会での暮らしも今日で終わり。 須藤正樹は、都会からは離れた田舎の村に引っ越すことになった。 そこで、心機一転、旅館の旦那として働くのである。 正樹は、今年三十歳になる青年の男性であるが、ブ...
連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』最終回

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』最終回 「由美子さん、そろそろ、体位を変えてみましょうか?」 「え? 体位を変えるの?」 「はい。バックでお尻を突きたいです」 「わかったわぁ。後ろからたくさん突いてぇ……」 学は...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました