連載官能小説

連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の蜜戯』第2回

連載官能小説『温泉宿の蜜戯』第2回 宿の一室で、全く知らない従業員の女性と顔を合わせる正和。 緊張しないわけがなかった。 「あ、あの、お名前伺ってもいいですか?」 緊張に耐えられなくなったのか、不意に女性が声を出した。 「僕は樫田...
連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の蜜戯』第1回

 連載官能小説『温泉宿の蜜戯』第1回 仕事の疲れを癒すために、樫田正和は旅行を計画していた。 行く場所は箱根。東京都内で暮らしている正和は、近場で観光地を探していたのである。 そんな中、都会からも近い箱根が候補に上がり、彼は今...
短編官能小説

短編官能小説『放課後』

 短編官能小説『放課後』 武藤啓介は高校一年生の男子学生である。 そんな彼は、今放課後の教室の前に立ち尽くしていた。 (僕は何を見ているんだろう……) 彼がそう思うのも無理はない。 啓介は今、クラスメイトのマスター...
連載官能小説

連載官能小説『お姉ちゃんの性教育』最終回

 連載官能小説『お姉ちゃんの性教育』最終回 姉として、ここは自分が先導しなければならない。 そんな風に、麻衣子は考えていた。 とはいうものの、彼女は処女である。第一、勃起した男性器を見たのも初めてなのだ。 同じように、和樹も童貞であ...
連載官能小説

連載官能小説『お姉ちゃんの性教育』第2回

 『お姉ちゃんの性教育』第2回 あまりに衝撃的な展開に、麻衣子はただただ面を食らっていた。 今、和樹は何と言った? 自分の中で、たった今放たれた言葉を反芻する。 「姉さんの下着姿が見たい」 と、和樹は言ったのである。 普通、弟に...
連載官能小説

連載官能小説『お姉ちゃんの性教育』第1回

『お姉ちゃんの性教育』第1回 徳田麻衣子には高校生の弟がいる。 麻衣子の家庭は少し複雑であり、両親が離婚し、その後再婚しているのだ。 そして、麻衣子は父親に連れて行かれ、新しい母親を迎い入れた。 この時、新しい母親の連れ...
連載官能小説

連載官能小説『残業後の遊戯』最終回

ソファの上に横になった菜々美。 その姿を僕は見下ろしている。既にお互い全裸になっており、セックスをする準備は整っている。改めて言うけれど、僕は童貞だ。だから、こんな状況になって聊か驚いている。ごくりと生唾を飲み込むと、菜々美がゆっくり...
連載官能小説

連載官能小説『残業後の遊戯』第2回

下着姿の魅力的な女性の姿。 僕はこれまで、こんな体験をしたことがない。商談用のソファに横になりながら、菜々美は足を広げて僕を誘惑している。あまりの状況に、僕は混乱している。しかし、ペニスだけは正直であり、先程、射精したばかりだというのに、...
連載官能小説

連載官能小説『残業後の遊戯』第1回

田村健司、二十八歳。男性。ルックス普通。とりえは特にない。 つまり、冴えない男性だ。もう少しで僕も30歳になるのであるが、未だに僕は童貞だった。 風俗に行って卒業するという方法も考えたけれど、病気が心配だし、何よりもお金を使って...
短編官能小説

短編官能小説『性転換薬』

ある日、こんなものを手に入れた――。 性転換の薬。 服薬すると、一定時間男性なら女性に、女性なら男性になる薬だ。 この薬を手に入れた背景は詳しくは語らない。 ただ、私はこの薬使って試してみたいことがあった。 私...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました