短編官能小説

短編官能小説

短編官能小説『元日の夜の奇跡』

短編官能小説『元日の夜の奇跡』 2019年もスタート。 1月1日、元日である。 西島秀隆は、一人初詣に赴いていた。 彼は今年二十八歳になる青年である。 まだ独身であり、現在も彼女はいない。 孤独な暮らしを送っ...
短編官能小説

短編官能小説『年越しセックス』

短編官能小説『年越しセックス』 「大晦日だね」 「大晦日だよ」 そんな当たり障りない会話をしている男女がいた。 男子の名は、紺野勇磨。 女子の名は、桐生涼花。 二人は同じ高校に通う幼馴染だ。 既に学校は...
短編官能小説

短編官能小説『邂逅』

短編官能小説『邂逅』 原拓美は今、ホテルの一室にいた。 それも女性と一緒に……。 女性の中は水島志保。 拓美の大学時代彼女であった。 しかし、ある事情があって別れ、既に10年が経っていた。 そんな男女がなぜこ...
短編官能小説

短編官能小説『大掃除から始まる恋』

短編官能小説『大掃除から始まる恋』 12月29日。 年内の仕事も今日で終わりである。 佐伯一志は会社のデスク回りを掃除していた。毎年、この時期になると、大掃除をするのだ。既に働き始めてから5年。今年で27歳になった一志は、せっ...
短編官能小説

短編官能小説『聖夜』 

短編官能小説『聖夜』 聖夜。 クリスマスである。 海藤哲也は、仕事を終えて、都会の喧騒の中、ある人物と待ち合わせをしていた。 待ち合わせしている人物は、哲也の彼女である田中美沙。今年二十歳になるOLである。美沙は高校を卒...
短編官能小説

短編官能小説『媚薬入りクリスマスケーキ』

短編官能小説『媚薬入りクリスマスケーキ』 冴えない24歳の男性である久野正樹は、クリスマスを前に途方に暮れていた。 街に出れば、クリスマス一色である。 楽しそうに街を歩くカップルを見ていると、何か嫌になってくる。 彼には...
短編官能小説

短編官能小説『美しき隣人』

短編官能小説『美しき隣人』 「おはようございます」 「あ、はい、どうも……」 隣人と挨拶をかわし、今日も一日が始まる。 今年三十歳を迎える相沢仁は、羨望の眼差しで隣人を見つめた。 隣人の名は、木下紗佳。 若い...
短編官能小説

短編官能小説『時間よ止まれ② 浜田将司のケース』

短編官能小説『時間よ止まれ② 浜田将司のケース』 「この企画書。全然ダメよ、やり直し」 「え、でも言われたところはちゃんと直しましたけど」 「言われたところだけ直しても意味がないのよ、もっと良くしないと。とにかくやり直し」 ...
短編官能小説

短編官能小説『時間よ止まれ① 有坂聡のケース』

短編官能小説『時間よ止まれ① 有坂聡のケース』 有坂聡は、ある日不思議な老人に出会った。 赤信号になりそうなところを、信号のでうろうろしていたから、声をかけて一緒に渡ったのである。 老人は敬わなければならない。そんな思いがあっ...
短編官能小説

短編官能小説『痴漢プレイ』

短編官能小説『痴漢プレイ』 芹沢雄二のクラスメイトで、パッとしない女子生徒がいる。 その少女の名は、宮内瑞希十六歳。 雄二と瑞希は同じ電車に乗り、高校に通っている。但し、それほど話すわけではない。ただ、クラスが同じだけで、特に...
タイトルとURLをコピーしました