連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第3回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第3回 (あぁ、私、若い男の子のアレをしゃぶって興奮してるのね。あそこがこんなに濡れて……) 女の部分はすでに潤み始めていた。 指を動かすほどに、淫蜜が噴き出し、トロトロになっていくのである...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第102回『おねだり団地妻』

官能小説レビュー 第102回『おねだり団地妻』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、団地を舞台にした官能小説をご紹介します。 その名は――。 「おねだり団地妻」 という...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第2回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第2回 正和は、今年二十歳になる大学生である。 しかし、未だに童貞であり、彼女はいない……。 というよりも、女性と付き合った経験がないのである。 それ故に、先日の由紀子との体験は、驚き...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第107回『冴島奈緒』

古き良きAV女優 第107回『冴島奈緒』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、スレンダーボディでありながら、巨乳を武器に活躍したAV女優をご紹介! その名は――。 「冴島奈緒」 ...
連載官能小説

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第1回

連載官能小説『欲しがり妻と肉欲関係』第1回 宅配ピザのドライバーをしている相田正和は、少し方向音痴なところがある。 だから、よく道に迷い、ピザの宅配が遅れてしまうのであった。 今日も、新しいお客様から依頼で、ピザを届けるために...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』最終回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』最終回 密着騎乗位は、向かい合わせになると、お互いの顔が見られる。 どんな顔をしているのかがわかるから、興奮もひとしおなのであった。 「美奈子の顔、蕩けそうにな...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回 ずぶずぶずぶ……。 めり込むようにペニスが吸い込まれていく。 褶曲するかのように、膣内の形状が変わり、ペニスを包み込んでいく。 「うぉ、やっぱり...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回 「おま×こ、すごく濡れてるね。感じてるんだね?」 「あぁん、そんな風に弄ったら、ますます感じてしまいますわぁ」 「もっと感じさせてあげるよ」 指...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回 「美奈子のおっぱい、すごく大きいね」 「そうでしょうか? Dカップくらいですけど」 「十分だよ。変に大きすぎるより、このくらいがちょうどいいと思うし」...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第9回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第9回 「健介さんは、ゆっくりとお寛ぎください……」 「で、でも」 「とにかく、今は仕事よりも温泉に慣れることら始めましょう」 夫婦の交わいを終え、健介も...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました