官能小説レビュー

官能小説レビュー 第101回『ふしだら妻のご指名便』

官能小説レビュー 第101回『ふしだら妻のご指名便』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、人妻がテーマの官能小説をご紹介します。 その名は――。 「ふしだら妻のご指名便」 ...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回 止めてほしいと懇願する美奈子を無視し、健介はひたすらにピストン運動を続けた。 すると、美奈子の淫裂がキュキュっと痙攣し、やがて陰部からピッピッと淫水が噴き出し...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第106回『鮎川あみ』

古き良きAV女優 第106回『鮎川あみ』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、2000年代に活躍したAV女優をご紹介します。 その名は――。 「鮎川あみ」 です。 ...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回 「おま×こから俺の精子があふれ出している。なんて卑猥なんだろう」 「あぁん、せっかく注いでもらった精子が……、もったいないですわぁ」 「また注いであげる...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回 「健介さん、キスも、キスもしてください……」 「わかった。キスもしてあげるよ」 顔同士を近づけ、チュッと唇を奪う健介……。 「んちゅ、ちゅちゅん」...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回 キュッと女壺が縮み上がったような気がした。 「美奈子。イキそうなのかい?」 「はい、もうイキそうです。イッてもいいですか?」 「いいよ、激しくイク...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回 「ンッ。んんーあぁん。気持ちいい……、おま×こが感じちゃう」 「もっと感じていいんだよ。色んな顔を俺に見せてくれ」 「恥ずかしいけど、見てください。淫ら...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回 「ふぅ、うぉ、口の中、とっても温かい」 「んぐ、むぐぐ、大きいので口に含むのが大変ですわ」 しゅぼしゅぼと淫音を上げながら、フェラチオを続けていく。 ...
連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第2回

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第2回 彼女は女将であるため、和服を着用していた。 それをスルスルと脱いでいく。 「ちょっと、何を……」 「ですから、妻としての役目を……」 「いい...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第100回『よくばり嫁の村』

官能小説レビュー 第100回『よくばり嫁の村』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、温泉宿が舞台の官能小説をご紹介します。 その名は――。 「よくばり嫁の村」 という作...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました