連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第4回

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第4回 自宅に戻り、料理を作る。 メニューは鍋料理と、新潟の郷土料理にも使われる車麩の煮物であった。 車麩は関東のスーパーでも買えるが、雄介は使ったことがない。 麩は栄養も豊富でありカ...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第112回『ときめきの終電逃し』

官能小説レビュー 第112回『ときめきの終電逃し』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、終電逃しをテーマにした官能小説をご紹介します。 終電を逃した男女が、大人の関係になってしまうという趣向です。...
連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第3回

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第3回 大量の精液が放出された。 それはまさに、夢見心地の時間である。 素晴らしい快感と共に、吐精ができて、妙な高揚感に包まれるのであった。 美紀は、放出された精子を、キレイにティッシ...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第117回『浅倉舞』

古き良きAV女優 第117回『浅倉舞』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、1990年代を駆け抜けたAV女優をご紹介! その名は――。 「浅倉舞」 です。 ...
連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第2回

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第2回 四階建てのマンションのようで、美紀の家はその二階にある。 階段を上がり、奥のあるのが美紀の自宅だ……。 美紀は鍵を開けて、中に雄介を入れる。 シンプルな1Kのマンションである…...
連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第1回

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第1回 関東を中心に居酒屋チェーン「美味しん坊」を経営している、「株式会社美味新」に勤める坂田雄介は、美味新の本社の企画室において、新メニューの開発に取り組む、若手の社員である。 居酒屋のメニュー...
連載官能小説

連載官能小説『私の処女を奪ってください』最終回

連載官能小説『私の処女を奪ってください』最終回 初めて触る男根は、ビクビクと小刻みに震えており、それでいて熱かった。 軽く手のひらでペニスを包み込むと、その熱をダイレクトに感じられる。 「溝口君、どうすればいいの?」 「...
連載官能小説

連載官能小説『私の処女を奪ってください』第2回

連載官能小説『私の処女を奪ってください』第2回 圭太と美佐子は喫茶店を出て、圭太の家に向かっていた。 美佐子の家は、引っ越しの荷物であふれているので、圭太の家に行こうという話になったのである。 喫茶店で、美佐子は衝撃的な言葉を...
連載官能小説

連載官能小説『私の処女を奪ってください』第1回

連載官能小説『私の処女を奪ってください』第1回 溝口圭太は、三十歳の社会人。 とある商社に勤めている。 ようやく、会社でも戦力になり始め、順調な生活を送り始めた。 そんな圭太は、普通のマンションで暮らしている。 一...
告白手記

告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』最終回

告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』最終回 私は縦筋を指で摩り、くぱぁと左右に押し広げました。 サーモンピンクの膣口が顔を出し、峻烈な香りが漂います。 女の性臭。 少し酸っぱいようなチーズの香りです。 それは、...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました