連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第7回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第7回 美里と魅惑的な交わりをしてから、数日が経過した。 一馬は、いつも通り、アルバイトに勤しんでいる。 基本的に、アルバイトの立場である一馬と、社長である美里は、就業内容も違...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第6回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第6回 「ハァ、ハア……、美里さん、セックスってこんなに気持ちいいんですね。ホント、感動的です」 「そうよ、これがセックスなの。男女の交わりなのよ。段々ペースが上がってきたわね。一馬...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第5回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第5回 女の部分からは、フッと馨しい香りが漂ってくる。 牝の香りとでも言えばいいのであろうか。 リコッタチーズのような、少しツンとする匂いがするのであった。 「クンクン…...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第4回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第4回 「美里さん、どうしたらもっと気持ちよくなれますか? 俺、たくさん気持ちよくさせたいです」 「一馬は、おっぱい以外のところも見たいんじゃないの?」 「おっぱい以外のところ...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第3回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第3回 ビュルビュル……ビュピョプ。ビュビュ……。 勢いよく、子種が放出される。 口腔いっぱいに、美里は精を受け止めていくのであった。 「うおぉぉおお。ハァ、すごい! 気...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第2回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第2回 「ここが社長の部屋ですか……」 美里の寝室は広々としていた。 十畳ほどの空間に、大きなベッドが置かれている。 家具などはあまりなく、全体的に整頓された印象である。...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第89回『バイト先の人妻OLは旦那より俺のチ×ポにハマってる』

官能小説レビュー 第89回『バイト先の人妻OLは旦那より俺のチ×ポにハマってる』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、人妻をテーマにした官能小説をご紹介します。 その名は――。 「バ...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第1回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第1回 大学を卒業し、フリーターになった早乙女一馬は、とある会社で働いている。 その会社は主に、絨毯やカーテンなどを扱っており、地域に根差した業務を展開しているのであった。 一...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第94回『及川奈央』

古き良きAV女優 第94回『及川奈央』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回はミドル世代の男性なら誰もが知っているAV女優をご紹介。 その名は――。 「及川奈央」 です。 ...
告白手記

告白手記『成長した幼馴染』最終回

告白手記『成長した幼馴染』最終回 とうとう、瞳ちゃんはイッてしまったようです。 おま×こがキュンキュンとヒクつき、トロンとした目つきで私を見つめています。 「瞳ちゃん、イッたの?」 「うん、そうみたい」 「気持ちよ...
タイトルとURLをコピーしました