告白手記

告白手記

告白手記『思い出』最終回

告白手記『思い出』最終回 俺は懸命になってクリトリスを舐め続けた。 ほんのりとピンク色になった女の敏感な部分は、舐めるほどに潤いを増していくかのようであった。 茜の痴態を見て、俺も興奮してきた。 (俺も気持ちよくなりたい...
告白手記

告白手記『思い出』第2回

告白手記『思い出』第2回 「ねぇ茜、どんな感じがする?」 「え? どんな感じって……。そんなこと……」 「気持ちいいのか、そうでないのか、教えてよ」 「多少は気持ちいいわ」 彼女は強情である。 しかし、そんな...
告白手記

告白手記『思い出』第1回

告白手記『思い出』第1回 俺には十五離れた、妹のような存在の知り合いがいる。 その女の子の名は、桐生茜。 年齢は十八歳。 今年の春から大学に進学することが決まっている。 俺が住むのは、新潟県の新潟市。 新潟市...
告白手記

告白手記『パンスト狂い』最終回

告白手記『パンスト狂い』最終回 「裕君。早かったね」 玄関のトビラを開けると、スーツ姿の裕二君が立っています。 彼がスーツを着るのは、結構珍しいので、私は驚きました。 「仕事が早く終わったんだ」 「今日はスーツなの...
告白手記

告白手記『パンスト狂い』第2回

告白手記『パンスト狂い』第2回 「んんぁ、ちょっと気持ちいいかも……」 クリトリスをいじられると、結構感じます。 だから、私は結構これが好きだったりするのです。 「たくさん濡れてきたね」 「うん。だって、そんな風に...
告白手記

告白手記『パンスト狂い』第1回

告白手記『パンスト狂い』第1回 私の彼氏、見た目は普通なんですが、結構性癖が変わっているというか。まぁ、そんなにアブノーマルってわけでもないので、そこまで気にする必要はないかもしれません。 だけど……。 実は、彼氏はパンストが...
告白手記

告白手記『歪んだ欲望』最終回

告白手記『歪んだ欲望』最終回 私の両親は、まだ引退しているわけではないのですが、とても仲がよく、たまに旅行に出かけます。 そして、唐突に熱海に旅行に出かけてしまったのです。 つまり、この家に残されたのは、私と卓也の二人だけにな...
告白手記

告白手記『歪んだ欲望』第2回

告白手記『歪んだ欲望』第2回 「そんなに見ちゃダメだよ」 「うん、でも……」 我慢しきれなくなったのか、卓也は、ズボンを下ろし、なんと、性器を露出させたのでした。 私はすでに二十歳を過ぎています。 ですから、一応セ...
告白手記

告白手記『歪んだ欲望』第1回

告白手記『歪んだ欲望』第1回 私、知っちゃったんです。 何を知ったかと言うと、弟が、私の下着を持ち出していること。 結構ショックというか、驚きでどうしていいのかわかりませんでした。 弟は卓也と言い、現在高校生です。 ...
告白手記

告白手記『インターン生』最終回 

告白手記『インターン生』最終回  尾崎くんはどこか緊張しているようでしたが、セックスできるのが嬉しいのでしょう。照れくさそうにしています。 「あの、コンドームとか持っていなんですけど、大丈夫でしょうか?」 「うん。今日はそんな...
タイトルとURLをコピーしました