無料

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第1回

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第1回 とある温泉記事を執筆するライターの遠塚信夫は、依頼で子宝の湯がウリの温泉に行くことになる。 ただ――。 その温泉が結構問題なのだ。 子宝の湯で有名な温泉の名は――。 ...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』最終回

告白手記『アナルプレイ』最終回 「ふぁん……、あぁん、感じすぎちゃう……」 「瑞希、クリが大きくなってきたよ」 「雄介君。ダメ、イッちゃう。このままだと」 「お尻とおま×こ、どっちでイキそうなのかな?」 「んんぁ、...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』第2回

告白手記『アナルプレイ』第2回 「瑞希のお尻の穴、どんどん広がっていくよ。それに、締め付けも凄い感じだ」 「んんぁ、お尻が広がっちゃう……、指でズボズボされるて、感じちゃってるのぉ」 「二本くらい指は入るかな? やってみてもい...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』第1回

告白手記『アナルプレイ』第1回 私には、付き合って一年の彼氏がいます。 今のところ交際は順調です。 ただ、彼氏の雄介君は、少し変化が欲しいようでした。 変化と言っても、よくわからないと思いますが、実は雄介君はエッチなこと...
告白手記

告白手記『女子寮』最終回

告白手記『女子寮』最終回 女の部分は、しっとりと濡れており、さらに熱を帯びています。 ショーツのクロッチ部分には、あふれ出した愛蜜がたっぷりとしみ込んでいました。 「相沢さん。パンティを脱がしてもいいですか?」 「はい、...
告白手記

告白手記『女子寮』第2回

告白手記『女子寮』第2回 「う、くぅ……」 私の口から嗚咽が漏れます。 正直な話、私はここ数年、性行為からは離れていました。 ですから、この突然の手コキに、カラダがついて行かないのです。 「管理人さん。おちん×ん。...
告白手記

告白手記『女子寮』第1回

告白手記『女子寮』第1回 私は、とある女子寮の管理人をしております。 女子寮と言っても、その規模はあまり大きくなく、小さなアパートに、六人ほどが住んでいるというところです。 定年を越えてから、この女子寮の管理人になり、早半年が...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』最終回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』最終回 (ホント締め付けが段違いだ。やっぱりアナルセックスって気持ちいいんだな……) と、一馬は感じていた。 抽送を続けていくにつれて、快感は素晴らしくなり、動きも速まっていく...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけに見せてくれる素顔』第21回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第21回 「それじゃ、挿れますよ。美里さん、いいですね?」 「うん。なるべく優しくしてね」 「もちろんです。では、いきます」 一馬はゆっくりとペニスを菊穴に押し当てた。 ...
連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第20回

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第20回 「美里さん。それじゃ挿れますよ」 「うん。ホントに大丈夫なの?」 「大丈夫です。痛かったら言ってください。でも、ローターや指である程度広げたから、問題ないと思います」...
タイトルとURLをコピーしました